マラケシュで見つけた、私だけの手作りチェス - My Own Handmade Chess Set, Made in Marrakech -

モロッコ旅行といえば
素敵な木彫細工やスカーフ、カゴバッグが
有名ですね!!

モロッコに行く前、
インターネットで色々と情報を調べましたが
多くのサイトで見つけたのは
「値切り交渉をしないと失礼!」
「値切り交渉で疲れた!」という言葉。

でも、実際モロッコに行ってみて
私達は値切り交渉をほぼ体験しませんでした。
これから書くのは
「モロッコで買い物=値切り交渉」
これが必ずしも正解ではないと気づかせてくれた
素敵な体験のお話です。

少し長くなりますが
これからモロッコへ行かれる方の
参考になれば嬉しいです。
マラケシュのメディナを抜けた先の
少し閑散とした場所で
ナイトのお馬さんがかわいい
チェスを見つけました。
私は普段お土産を買わないタイプなので
お兄さんに値段だけ聞いて
お店をあとにしました。
(このときお兄さんは私達を引き止めたりしませんでした。)

それからもずっとチェスが頭に残り
木彫りのお土産を買おうと決めた私は
メディナでも色々な木彫りのお店を回りました。
最初のお馬さんほどかわいい子はどこにもいなくて
一度値段を聞いたら
「この値段ならどう?」
「いくらなら買うの!?」
としつこく引き止められました😵
私は「いらない」としか言いませんでしたが
最終的に半額になりました笑

一体原価はいくらなんだろうと思いながら
逃げるように退散、、、
これがいわゆる値切り交渉ですね
メディナは狭くて、人も多くて、
荷物にも気をつけなきゃの中で値切り交渉
多くの人が言うように本当に疲れると思います
結局、チェスを諦めきれず
(私はチェスをやらないのに笑)
翌日お店を再訪。
昨日のお兄ちゃんとおじさんがいました。
しばらく商品を見てると
お兄さんが実演してくれました!
足で木の棒をくるくる回しながら削っていきます。
写真だと伝わりにくいですが、
輪っかが動くんですよ!すごい!!
家族の幸運のお守りと
ネックレスにしてプレゼントしてくれました!
昨日のチェスが見当たらないので尋ねると
おじさんが今朝売ったばかりなんだとか。
「他のどこよりここのチェスの駒がかわいい!」
と伝えると
「そりゃどうしたらかわいくなるか
 試行錯誤しながらつくってるんだから。
 機械で作られたのと一緒にされちゃ困るよ」
と言われて、なるほど。

普段あまりお土産を買わない私ですが
「このチェス欲しい!」
とおじさんに伝えました。すると、
「今は白い駒しかないから、今から黒い駒を作るよ!10分くらい待ってて😉」とおじさん。

持ってきたのは、絵の具ではなくひまわり油。
今から黒い駒を作るってどういうこと?
と思いながら、このあと1時間くらい滞在することになります(あれ、10分じゃなかったっけ笑)
まず、つくり貯めた駒から選別します。
駒が揃ってないとチェスができないので笑

煮詰めたひまわり油に駒を投入!!
ぐつぐつ、ぐつぐつ、、、
お、だんだん色が変わってきました。
じゃあ、これを水で冷やしましょう!
と思ったら、猫ちゃんの給水タイム😺
暖かく見守る私たち笑
冷やし終えたら取り出します。
きれいな茶色になりました!!
これを布で磨くと、、、
完成!!ちんまりしててかわいい♞

並べてみるとこんな感じ!!
ひまわり油で煮込んでるため
表面だけでなく中まで茶色なんです。

「ペンキで塗った駒を子供が食べたら危ない。
どうしたらいいだろうか。」
と考えて思いついたのがこの方法なんだそう。

私だけのチェスができたところで聞いてみました。
「このチェスはいくらですか?」

具体的な値段は忘れましたが、5000円弱くらい。
今考えると見学費も含めたら普通か安いくらいですが、当時学生の私には少し高くて、、、
「キャンドル立ても買うから安くできますか?」
と聞いてみたら、
おじさんは残念な顔をしながら言いました。
「あなたがそれで幸せならいいよ」

このとき、改めて気づきました。
ここは値切るお土産屋さんではないのだと。
実は、ここに立ち寄る途中、
友人が小さな路地のお店で
カゴバッグを買いましたが全く同じ対応。

だって彼らは職人さんだから。
「気に入ったなら買ってほしい」
「この値段が高いと思うなら買わなくていいよ」
2人の職人さんから出たあたりまえな言葉。
忘れかけていたものを思い出せてくれました。
結局少し値引いてもらい
世界に一つだけのチェスボードを購入。
もちろん、キャンドル立ても。
気に入った形があったけど、
キャンドルを入れる場所が狭くて諦めていたら
すぐにお直ししくれて、
おまけに好きな色のキャンドルを追加でくれました。
本当に素敵な体験をありがとうございました!! Thank you so much ❤️
またマラケシュに行く機会があったら
たくさんたーくさんお土産買いますね!!

最後にーー
ここでは値引かない職人さんについて書きましたが
値引く人が悪い!というわけではないです。
町を歩けば、「僕のお店はこんなに安いよ!!」と売っているお兄さんもいます。
何が言いたいかというと、
ハンドメイドと機械製品をちゃんと見分けて
お買い物楽しみましょう!ということです。

もし、マラケシュへ行く機会があったら
ぜひお二人のお店に足を運んでみてください!
▲お兄さんはラバーブレスも作ってますよ!

0コメント

  • 1000 / 1000