マラケシュで素敵なランチ - Lovely Lunch at Marrakesh -


It's been a dream come true to come here, Morocco!!

We took a morning flight from Netherland to Marrakesh,

we were starving because having nothing after early breakfast.


After check-in at the hotel,

go to Medina right away.

Once we turned from a busy street into narrow passage...


遂に念願のモロッコに到着!!

オランダから早朝便でマラケシュへ向かい
朝から何も食べていなくてお腹がペコペコ。

ホテルのチェックインを済ませて

マラケシュのメディナへ。

雑然とした細い通りから一歩入ると、、、



There was unimaginable open space !!

I tried to pinch my cheeks.

"AM I IN MOROCCO?"


外からは想像できないほど開放的な空間が!

あれ、ここモロッコだよね?
とほっぺをつねりたくなるほどです。


La Famille 



We were there late afternoon,

so we could take a seat on condition that

our menu is "only gnocchi."

A couple arrived later than us were told

"Please book tomorrow."

Lucky us!!


私たちが着いたのはお昼過ぎで

メニューはニョッキのみという条件で
案内してもらえました。
あとから来たカップルは
「明日に予約して」と言われていたので
本当にラッキーでした。



こちらがそのニョッキ。


This is the gnocchi.



Apricot, mushrooms and some herbs.

It's difficult to explain in words this interesting taste,

but absolutely different from other gnocchi.

I'd like to try once again.


杏子とキノコとハーブ🌿

今まで食べたニョッキとは全く別物で
言葉にあらわすのが難しい
なんとも不思議なお味でした。
もう一度食べてみたいです。

We shared a table with British ladies and Swiss couple.

They came to this restaurant many times during their stay.

It looks tasty the sweets Swiss couple had, and they said

"We reserved this." with full of smile.


They were much older than us

but we could enjoy great time.

I was like in Europe.


同じテーブルで相席したのは

イギリス人のマダムたちと
スイス人のご夫婦。
皆さんマラケシュ滞在中に
何度もここへ足を運んだらしいです。
スイス人のご夫婦が食べていた
デザートがおいしそうで印象的でした。

いろいろお話できて
なんだかヨーロッパに来た気分に。
素敵な時間になりました。



There was a shop attached to this restaurant.

You can find simple, lovely, and warmth Moroccan goods there.


お店ではモロッコの雑貨なども購入できます。

どれも温かみがあり可愛かったです。



Having traditional cuisine is nice,

but this kind of dishes is occasionally nice too.

I highly recommend to reserve before you visit!

Check their instagram account below.


タジンやクスクスもいいですけど

こういったレストランもいいですね。

予約していくことをオススメします。

お店のインスタグラムをぜひチェックしてみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000